>自動翻訳機能について

おいしい山形プラザ

 

東京駅北口から外堀通りを有楽町方面に向かいます。

有楽橋交差点を左折しますと、左側に見えてくるのが、「おいしい山形プラザ」唯一「十四代」の先着購入できる店舗です。

店頭POPに毎月末先着12名様まで先着販売と明示していますので、かなり良心的です。

この店舗は品揃についても、酒類以外でもスタッフの意気込みが感じられます。

当然ながら本日「十四代」購入は無理ですが、一応現場は常に押えておかないと、刑事の基本「現場100回です。」

「九郎左衛門」はお1人様1本まで。

「三十六人衆」等品揃えは豊富です。高畠ワインも充実しています。ちなみに「高畠ワインは美味しいですよ。」

店頭販売は品目は違っても、その商品の特性を知り、なによりも商品に愛情を感じていなければいけません。

愛情がないと、陳列がおろそかになり、棚が空いてても全く気にならなくなり、顧客は敏感に感じ取ります。

目配りがないだけに、一歩店内に入ると落ち着かなくなります。

「何となく入りずらい」「商品に魅力がない」等はスタッフの工夫で改善できるのですが。その点「おいしい山形プラザ」は違います。

他の物産店との違いは、お酒が好きで良く知っているスタッフがいるんでしょうね。

今回のお目当ては「ホタルイカ姿干し」240円。そのままでも美味しいんです!(カビラ風に)かるく火にあぶっても美味しいのです

「鮎チップス」1100円も購入です。紅花油でからっと揚げた逸品です。

今回は購入のお酒がありません、残念!


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)