>自動翻訳機能について

長崎県福田酒造「長崎美人」大吟醸

 

この酒は「いける」。

最初にビンを開けて、鼻っ先を近づけてもらいたい。ふわ~と、吟醸香漂わせて、それだけで酔ってしまう。

実にいい香りだ。

一口含んで飲み込んだ後、鼻から息を抜いてみれば分かる。喉の奥から鼻に空気が抜ける時、またまた香りが追いかけてくる。アフターフレーバーって奴だ。

味もいいぞ。

含みのある旨みだけでなく、飽きさせない酸味を伴っている。食前酒で味を楽しむには最高の酒だ。

さらに、銘柄がいいじゃないか「長崎美人」。この名にはうっとりとしてくる。

ただ、この酒「少々お高い」。金額が4合瓶で3,000円を超す大物だ。1升6,000円もの酒には手が出ない。

今回は、長崎に里帰りした友人からの頂きものだったので、思う存分味わうことができたが、正直言って自分の財布からは、これだけの金額を出すほどゆとりはない。

友人からは「飲んだ感想を教えろ」と言われているが、本人に話す前にブログにアップしてしまった。「許せ、友よ」。

友人の郷里、長崎には、あたしも2度ほど行ったが、「長崎美人」は飲んでいなかった。是非一度ゆっくり酒を楽しみに歩いてみたい。

長崎は焼酎だけでなく、日本酒も旨いのだから嬉しい環境だ。しかも福田酒造さんは元禄元年創業、320年以上続いているのだから感激である。

勿論、銘柄の「長崎の美人」も拝んでみたいものだと、心躍るのである。


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)