>自動翻訳機能について

山形県新藤酒造店「裏・雅山流」香華 無濾過生詰

 

4月2日に書きましたが、「裏・雅山流」の味の感想を書かせてもらいます。

まず香りからですが、吟醸香の高さはありませんが、ほんのりわき出すフルーティーな香りは、実に控え目。脇役タイプの香りです。自らは決して主張しない、そんな優しさを感じます。

味についても、控え目な味は香り同様そのまま味にも生かされています。ガツンと来るような強いインパクトではなく、スーっと流れるように吸い込まれていく、味わいのよさ、品の良さを感じます。
甘味の強さも、酸味の強さもありませんが、丁寧な旨味です。女性に喜ばれるお酒ではないでしょうか。私でしたらカクテルグラスに注いでチェリーを沈めて「香華」の名で提供すれば、実にお洒落な味わいを楽しめると思います。

アルコール度数が14度以上15度未満と低いので、ゆっくり優雅に飲むのが一番でしょう。そして、この低下価格1.8㍑2、100円です。これには驚きの安さですね。

純米酒ではありません。それでも、「旨い」お酒は存在します。醸造アルコールの「ピリリ感」が分かりますでしょうか。

原材料(米、米こうじ、醸造アルコール)・酒米(美山錦100%、精米歩合:65%)・酵母(山形酵母)

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)