>自動翻訳機能について

さらっと三十六人衆純米吟醸(開高健 2)

 

170707

テレビとスピードと管理の時代、この時代の夜更けの人々は軽快で明晰で柔らかいビールを舌にのせる時にだけ解放をおぼえるのだろうか。

淡泊。細心の工夫を凝らした淡泊。磨きに磨いたそれを開発しなければならない。
昭和44年八月(サントリーの七十年 戦後編)より開高健氏

アサヒの“スーパードライ”が発売されたのが、1980年の後半だったと記憶しています。それ以前に“淡泊”という現象が顕著になっていたんですね。

日本酒も昔ながらの、力強い味わいが消えてゆきました。
原点の味を探してみるのも一考ですね。
マスカットのような香りが涼しさを呼び込みます。

山形県 菊勇(株) さらっと三十六人衆純米吟醸 
出羽燦々100%使用
精米歩合55%  アルコール分15度 
1.8L  2、810円(税別)


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)