>自動翻訳機能について

満寿泉 純米吟醸 (八月十六日)

 

戦争体験者の語り部に「死に損ない」と暴言を吐いた中学生。
死に損ないの意味も理解してないんでしょう。
私は、戦後生まれですが、周りには疎開経験者が大勢いらっしゃいます。
毎年八月には、様々な戦争体験をお伝えしてゆきましょう。

昭和二十年八月十六日、午前九時、枚方の陸軍造兵廠で解散式があり、
山を降りて、御岳山駅から京阪電車に乗った。
ほとんどの友達は大阪方面へ帰るのだが、私は戦災に会って、
奈良の西大寺近くに疎開していた父の許へ帰るために、
反対側のプラットフォームに一人で立っていた。
すると、友達の誰かが大きな声で、
「今日は駅員なんかいないからキセルをやれよ!」と、言った。
私はそれまでに、一度もキセルをやったことがない。
が、西大寺近くの駅から大阪へ行く定期を持っていた。
たとえ駅員がいても、それを見せればいいんだなと思った。
電車はガラすきであった。
電車は小さな駅に着いた。改札口には誰もいなかったが、
車掌が追いかけてきて、キップを見せろというので定期を見せた。
乗っている車掌に見せたのではキセルは成立しない。
結局、また電車に乗せられて、大きな駅で降ろされ、駅長室に連れて行かれた。
五、六人の駅員が輪になってヒソヒソ話をしていた。
中学生のボクに気づいて、「どないしたんや」と聞く。
車掌が「こいつ、キセルしよりましてん」と言う。
その時駅長が私を見て、
「お前みたいな奴がおるから日本負けたんや!!」と言った。
八月十六日晴れ、午前十時頃。
戦後一番初めに言われたのは、多分私であろう。
漫画家 サトウ サンペイ氏のエッセー「八月十六日」より。

何だか切なくなってきます、子供に対する言動ではありません。
大人が責任を担うべきなのに、狂気の時代だったんですね。

香りは控えめで、穏やか。
しかし洗練された味わいは「食中酒」にピッタリ!

富山県 桝田酒造 満寿泉 純米吟醸
精米歩合58% アルコール分15度以上16度未満
720ml  1、700円(税別)

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)