>自動翻訳機能について

獅子の里 純米吟醸 無垢 生酒(色について)

 

コーヒーを飲むとき、テーブルクロスが黄色ですと、
コーヒーの味が薄く感じられてしまうそうです。

黄色が目に入っただけで、風味とか芳香が薄くなってしまい、
青にすると、黄色ほどではないけれど、やはり少し薄く感じてしまいます。

赤や、濃い茶色にすると、コヒーのコクが増して、
美味しく感じられるそうです。

コーヒーショップはこげ茶色いのインテリアだったり、ブラウンの
ユニフォームを着用するのは意味があったんですね。

そういえば、ホテルの朝食でコーヒーにスクランブルエッグを合わせると
何故か、スイスイ飲めてしまいます。
普段お替りなどしないのに、もう一杯飲んでしまいます。

日本酒は、新鮮さを感じる無色透明、古酒には琥珀色、カスミでは乳白色。
料理に合わせて楽しめます。
ソムリエの田崎さんがおっしゃってました。
白・赤・ロゼ、それぞれの色に近い食材をテーブルに並べると、間違いなく
美味しく頂けるそうです。

そして本日は、獅子の里 純米吟醸 無垢 生酒の紹介です。
諸事情あって、金額等は今回だけ省略です。あしからず…。

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)