>自動翻訳機能について

鍋島 純米吟醸 あらばしり生酒

 

12月に発売された、ニュームーンは入手できませんでした。
山田錦が不足しているらしく、今回の限定入荷をやっと手に入れました。
最近は、何故か鍋島人気で電話の問い合わせが増えています。
その中でも特定銘柄だけを訊ねてきます。
雑誌に特集で掲載されたのでしょうか、一時的な現象でしょうが、
鍋島フアンとしては、普通に買えなくなってきたのは小々辛いです。

同様の現象が「獺祭」現象ですね。雑誌やTVで大きく取り上げられ、
長谷川酒店への問い合わせが殺到して、通常業務に支障をきたしています。

昨年の11月にdancyuが新しい日本酒の教科書という特別編集版を発売。
その中で鍋島の特別純米を、「鍋島」シリーズの原点ともいえる純米酒。
ぶどうのような上品な甘味と控えめな酸のバランスが絶妙、と絶賛しています。

各メデイアに取り上げられ、日本酒への注目度が増し、売り上げに繋がれば
こんな喜ばしいことはありません。
決して一時的なブームではなく、続いて欲しいですね。

あらばしり特有のフレッシュさ、優しい甘味が唇に残り、
そっと舌で触れると、果実を思わせる新鮮な甘味を感じます。
しかし香りは抑え気味に、米の旨味がしっかりと!とはこの事かと、
感動の造りに出会いました。

佐賀県 富久千代酒造有限会社 鍋島 純米吟醸 あらばしり生酒 紫ラベル
精米歩合50% アルコール分16度
1.8?   3、200円(税込)


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)