>自動翻訳機能について

澤屋 まつもと生 守破離 (やりくり)

 

「今月ちょっとたりなさそう」
「どうします」
「どのくらい?」
だいぶ余裕が感じられます、まだ何とかなりそうです。

いきなり「どうすんのよ!」
と、強い口調で言われると、何がどうすんのか聞く事すら許されません。
もうかなり家計は逼迫しています。

思い浮かぶ、無駄な出費をあれこれ口に出しても手遅れです。
そんな時、標的になるのが「酒代」です。

肌年齢・コラーゲン・先着1,000名様等々、主婦の購買欲をかきたてる
広告の嵐。
それにつられて出費が膨らんでいるのが原因だとは決して認めません。

今以上奇麗になっても、という言葉には敏感に反応し、もっと奇麗になるのよ!
と返されると、つい無口になってまいます。
フランキー堺ではありませんが「私は貝になりたい」です。

世の女性陣に「何、飲んでも同じでしょう」これは禁句です。
お気をつけ下さい。

そんな時の味方はこれから紹介するお酒です。
家計にも優しく、決して口応えしません。

修業中の身である若旦那が、自ら伝統を守り基本から外れる事のないよう挑戦。
14度の生原酒、原酒本来のコクはしっかり。
非常に美味しく仕上がっています、価格も我々男性陣にはかなりお得です。
今後の活躍が楽しみです。
近々第2弾が入荷する模様です。
若杜氏・松本日出彦氏の活躍を期待しましょう。

京都市 澤屋 まつもと生 守破離
精米歩合65% アルコール分15度
1.8?  2,300円(税込)

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)