>自動翻訳機能について

超王祿 無濾過生詰(今東光-6)

 

霊媒をたのんで呼んでみたら、
「もう少し、そっちにいてもらわんと、おれはこまるよ」
って云うんです。
あの世にいっても、悪妻ってものがあるのかと思って、がっかりしちゃった。

それから、みんなで多磨墓地へ行って、
親父の墓の前で、僕はお経をあげてから、
「ひとこと申しあげます。あなたがお連れ下さらないなら、もう二度と拝みに
 きませんよ」
と言った。

なんとも愉快なお話でした。

そして後日談:弟の今日出海氏が東光氏に、
「兄さんはおふくろのことを、あのババア、クソッタレって悪口を言うけど、
 死に際には、ばあさんの小便までとってやっていた。俺にはあの真似は
 できないよ」と言ったそうです。

そして、母の為に詠んだ歌。
川浪の 清き河内にみまかりし たらちし母はよべどすべなし

今東光氏は著書が多く、大作が多いわりには古本でも滅多になく、
神田で探すのにも苦労します。

現在発売中の「利休にたずねよ」山本兼一氏も宜しいのですが、
今東光氏の「お吟さま」も傑作です。

これからも発掘できれば、披露したいと思います。

梨を思わせる、豊かな旨味と酸。
魚がピッタリですな。

島根県 王祿酒造(有) 超王祿 無濾過生詰
精米歩合60% アルコール分15.5度
1.8リットル   3、014円(税込)

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)