>自動翻訳機能について

Miinokotobuki ワイン酵母でつくった純米吟醸酒(偽装)

 

偽装米、偽装メニューと続いていますが。
偽装米は、炊き上りチェックとして必ず食味をします。
さらに洗米時にも、粒が小さい、破砕米が多いなど、品質チェックは必ず
行います。
おそらく、現場では米が違う事に気づいていたはずです。
価格の問題で業者との癒着があったんでしょうね。

偽造メニュー、これは明らかに現場・管理双方で知っていたはずです。
材料が違えば、必ずわかります、それがプロの料理人なんです。
値入率が高くなり、予定以上の荒利率になりますので、
仕入れ価格が間違っているのでは、と誰もが疑問に思うものです。
売上、荒利率によって人員配置さらには時給も算出されるので、これらの
数字には、神経質になるのが飲食業を営むものには絶対欠かせません。

最近では偽造メイクなるものが!
「ノーメイクの方が素敵だよ」と、褒めているつもりでも、「失礼ね」と
怒り出す!

それでは、偽造のない正真正銘の銘酒をご紹介しましょう。
日本酒酵母の変わりに協会ワイン用4号酵母で仕込んだ日本酒です。
琥珀色で美しく、香りも穏やかです。

福岡県 井上合名会社
Miinokotobuki ワイン酵母でつくった純米吟醸酒
精米歩合60% アルコール分15度
720ml 1、312円(税込)

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)