>自動翻訳機能について

なぎら健壱・酒にまじわれば

 

本好きのTさんから「なぎら健壱・酒にまじわれば」の紹介です。

文春文庫から552円税で発売中。

じつは、私にはなぎら健壱氏に風体が良く似た親戚がおりまして、テレビで拝見する度に、懐かしく思い出してました。

山田洋次監督の「おとうと」のように、長い間音信不通で、久しぶりに逢ったらとんでもない騒動に巻き込まれそうで。

人づきあいが悪く、世間の常識に真っ向逆らって生き、結果60歳を過ぎても、嫁さんを貰ったという噂もなく。法事にも姿を見せず、あまり話題にもしたくない。そんな親戚の1人が、なぎらさんに良く似ているんです。

心配なんだけど、頼って来られたら困る!そんな親戚を思い出しながら、読みました。

文章は面白いし、落ちが笑えるので、酒を飲みながら、読む本としては最高であります。

文中106頁に「幻の酒」について書いてます。

みなさんのご意見は?

私はなぎら健壱さんに賛成です。

と言っても、読まれてない方には「何のこっちゃ」と思われるでしょうが、本屋さんで立ち読みでもいいから覗いてみると、これが「うん、うん」とうなずけます。

それでは、セブンイレブンから3月の購入品です。

真澄 特選本醸造 720ml 1029円。

この値段が大衆酒としては大歓迎です。

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)