>自動翻訳機能について

クリスマスの約束

 

昨年のクリスマス、深夜放映の「クリスマスの約束」ご覧いただきましたか。

今回は趣向を変えて、山本潤子がハイファイセット時代1975年のヒット曲「冷たい雨」を唄いました。新井由美の作詞作曲です。

根本要は「学生街の喫茶店」でおなじみガロのA面「美しすぎて」を。当時を振り返り「学生街の喫茶店」があまり好きではなかった事を思い出しました。

あの曲のリズムと、最初のメロデイーが何故か歌謡曲っぽく聞こえて、すかんものでした。

しかし「美しすぎて」は、ガロの目指す方向性が感じられて、大好きな1曲。しかも小田さんとガロのメンバー同士仲が良かった、というエピソードも感激しました。

そしてKiroroの玉城が「長い間」を歌いあげ。さらにデビュー前、小田さんに、Kiroroのプロデュース依頼があったそうで、驚きでした。

2009年はいきものがかりの吉岡。今回は玉城と、伸びのあるハイトーンの女性シンガーは、聞いていて心地良いものです。

そういえば、「花花のこじまいずみ」も高い声で、心地いいですね。

当時の懐かしい曲を回想していましたら、ふと甦ったのが、オフコース時代の鈴木のヤッサンが作詞作曲した、1978年「美しい思い出に」。

君はただ この胸にすべてをまかせればいい 人恋しさに 涙することもない…。

CM7→CM9  Am9→G6  F→E7→Am7→Am7/G→FM7…。 

特にG6とAm7/Gの使い方には、感動しました。これ以上書くと、著作権法に触れるかもしれませんので。

そんな、昔を思いながら、石川県 菊姫 「加陽菊酒」 720ml 2550円。

じっくりと醸した酒と名曲は、安心感と心地よさが嬉しいのです。


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)