>自動翻訳機能について

宮城県(株)新澤醸造店「愛宕の松」

 

「かもめ食堂」大好きな映画です。群よう子の原作も読みました。

その中に、主人公のこんなツブヤキがありました。「今の日本人は味がわかっているのかな」。

最近流行の「ちょい足し」。

何か、シッチャカメッチャカで驚きの世界です。

一応、これは美味しそうだと思って「ちょい足し」を試してみました。

テレビの中で出演者が口に入れてすぐ「ウマ!」大きく口を開けて咀嚼物を見せる!

何とデリカシーがない奴らだ。とテレビに向かって怒りながらも、試してみたら?

怒りも忘れるほど、不味い。

味が分かってないんじゃないかと真剣に考えてしまいます。

昔「味の素」を生たまご・納豆・白菜の漬物と何にでもかけた覚えがあります。

沢山使うと頭が悪くなる?と噂が立ち、我が家ではいつの間にか食卓から消えてしまいましたが。

懐かしくて、久しぶりに味の素を購入して、納豆にかけてみました。

あれ?美味しくならない?

そうです、昔の藁に包まれた納豆と、今日の納豆は根本的に味が違っているのです。

年月の経過と共に味の質が変化しているのを切に感じました。

現代の若い方々は「ちょい足し」の味が新鮮なのでしょうね。

宮城県(株)新澤醸造店「愛宕の松」本醸造 1.8ml 2100円。

このお酒、お燗用に薦められたんですが、私には常温がピッタリでした。


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)