>自動翻訳機能について

森の風

 

一枚のレースのカーテンを購入した。

真っ白な彩が、窓から流れ込む日差しを優しく覆いつくしてくれる。

外の景色も変わった気がする。たった一枚の変化が、家の中のコーディネートに華燭を加えてくれた。

町田駅から一足延ばした街道沿いに「森の風」と銘打ったカーテン専門店が目に留まった。

その店名に心引かれて覗いた先には、静かな空間が待ち構えていた。

正直に言えば、オーダーで注文するカーテンの購入は初めての経験である。

丈の長さは、レールの寸法は…。「1軒の幅で」そんな答えが気恥ずかしく感じてしまった。

しかも、仕上げに数日かかると言う。

考えてみれば、自分の洋服もオーダーでなど注文した事もない者が、と思ってはみたものの…。

しかし、仕上がった品物を広げたとき、窓際に広がる純白の映像は金額では計り知れない美しさがあった。

休みの今日は、窓越しの景色を眺めながら、ワイングラスに秋田県天寿酒造の「鳥海山」を注いでみた。

ほんのりとオリが絡んだ生酒は、瑞々しい新酒の味わいを届けてくれる。

喉に注ぐ心地よさに花を添えたのは、万両の実をついばみに訪れた小鳥の囀りだ。

少し窓を開けて、その姿を覗いてみる。冷たい北風がカーテンの裾を悪戯している。

ベランダで踊る小鳥の横で、森の風がワルツのリズムを奏でている姿が、そこにはあった。

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)