>自動翻訳機能について

高知県酔鯨酒造「酔鯨」純米吟醸

 

大河ドラマ「龍馬伝」が、終了しました。

最終回の視聴率は関東、関西地区ともに21・3%だったそうで、高いのか低いのかよく分かりませんが、そんな数字だったそうです。

ところが、暗殺場面の午後8時55分からテロップ流れた選挙速報には、苦情が殺到したらしいですね。

確かに、龍馬が暗殺されるシーンですから気持ちが分からない訳じゃありませんがね。

さて、そんな事を書きたかった訳ではありません。その「龍馬伝」の中で、岩崎弥太郎が語った一言です。

「土佐の人間は、酒を鯨のように飲むんじゃ」と、ね。グテングテンに酔っ払って一言ほざくのです。

そうです。まさに「酔鯨」であります。この「酔鯨」は実にいい酒でありまして「旨い!」なんてもんじゃないのです。

家にこの酒がある時は、帰るのが楽しみで仕方ありません。足が自然と速まるのです。

ひら口のお猪口で、喉元にスーと入れてごらんなさい。あ~、と吐息を洩らすほど旨いんだから。

そうだ、「龍馬伝」の中で土佐の殿様、山内容堂が、酒をガブ飲みするシーンがあるじゃないですか。

ご本人は酒と女と詩を愛した人で、自らを「鯨海酔侯(げいかいすいこう)」と称した人ですがね。

あの気持ち、何だか分かるな。それくらい旨い酒が土佐の酒なんです。

ただ、一言。飲み屋さんで飲んだ「酔鯨」は一度も旨いと思ったことがありません。これは、断言できます。

是非、酒屋さんで生酒の「酔鯨」を購入して下さい。酒の感覚がすっ飛びますから…。


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)