>自動翻訳機能について

高知県酔鯨酒造「酔鯨」すっぴん

 

「酔鯨」の旨さは先日も書きましたが、今日購入したのは、「酔鯨」の未濾過「すっぴん」です。

しかも、出荷日が今年の1月。昨年の酒です。

先日飲んだのは、今年の新酒。さあ、どう味が違うのか。ここが酒飲みの醍醐味ですよね。

結論から書きましょう。

やはり、一年前の味は、実に芳醇な面持ちがあります。新酒は、確かに旨いのですが、複雑ではありません。

どちらも捨てがたい甲乙付けがたい所がありますが。私は「すっぴん」を選びます。

いつもの杉酒店の店主の言葉です。

人も、出るところが出て、引っ込んでる所があるほうがいいでしょ。

女性も、若ければいいというものじゃない、それなりの年齢が人格と美しさを作るのだと…。

奥の深い教訓的なお言葉です。

お酒も、同じだそうで、奥深く味わうには、それなりの年齢と出っ張りと引っ込みが必要だそうです。

そこに現われたる「酔鯨」未濾過「すっぴん」。さあ、今夜は気楽な気分で、化粧も落として「すっぴん」で味わってください。


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)