>自動翻訳機能について

富山県(有)清都酒造「勝駒(かちこま)」生詰 純米吟醸

 

杉酒店のお薦め一品。

「小さな手造り酒やですから年に、そう、こっぽり(沢山)とはできません。」

「造り手、僅か五人で、こつこつと一心に醸っています。」

「これまでも、そうでした。これからも、そうです。」

「年に少量。でも、量産ではだせないうまさを醸り続け、守ってゆきたい(真の贅沢を知る酒…そう評して下さった方がいました)誇りをもって…。」

「私たちは、富山でいちばん小さな造り酒やです」。

この文章が、酒に対する真摯な取り組み方の全てを表現しています。

文章はさらに続き…。

「お米って、仕込むと、とてもフルーティーな香りがするんですよ。その時季、蔵の中は、うっとりするような香りに満ちるのです。いちど、その芳香をかがせてあげたい。小さな酒蔵ですが、その香りに逢いにいらっしゃいませんか。」

「店主をあげて、歓迎します。一緒に飲みましょうよ」。

全文載せています。途中省略すべき所が見当たりません。

この文章を肴に2合頂戴しました。

富山県(有)清都酒造「勝駒(かちこま)」生詰 純米吟醸 720ml 2180円

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)