>自動翻訳機能について

高知県 酔鯨酒造「酔鯨」すっぴん

 

「辛口で旨い酒を教えてくれないかな。」
いい質問ではないだろうか。

酒をこよなく愛してると、人に会うたびに話をしていると、
たまにこんな質問が返ってくる。

利き酒師としては、語らない訳にはいかない。

そこで一言「酔鯨」の「すっぴん」を紹介した。

「酔鯨・すっぴん」の旨さについては、2年半前にも書いているが、
その時、「しぼりたて酔鯨」純米吟醸・生詰との違いを書いている。
ちょっと面白いので、抜粋してみた。

『純米吟醸・生詰は先日も書きましたが、今日購入したのは、「酔鯨」の未濾過「すっぴん」です。しかも、出荷日が今年の1月。昨年仕込んだ酒です。
「しぼりたて酔鯨」は、今年の新酒。さあ、どう味が違うのか。ここが酒飲みの醍醐味ですよね。

結論から書きましょう。
一年前の「すっぴん」は、実に芳醇な面持ちがあります。
新酒は、確かに旨いのですが、複雑ではありません。

どちらも捨てがたい所がありますが。私は「すっぴん」を選びます。

いつもの酒店の店主の言葉です。
人も、出るところが出て、引っ込んでる所があるほうがいいでしょ。 女性も、若ければいいというものじゃない、それなりの年齢が人格と美しさを作るのです。

奥の深い教訓的なお言葉です。
お酒も、同じだそうで、奥深く味わうには、それなりの年齢と出っ張りと引っ込みが必要だそうです。 そこに現われたる「酔鯨」未濾過「すっぴん」。

さあ、今夜は気楽な気分で、化粧も落として「すっぴん」で味わってください。』

とまあ、こんな文章である。
「酔鯨・すっぴん」の良さは、口に流れた一瞬、旨みが広がるが、喉越しの酸味が後を引く。飲み飽きのない酒。グイグイ飲み続けられる、逸品である。

まさに鯨のごとくガブガブと、飲み続けてもらいたい。

0

コメント一覧

  1. 仲原 雅幸 より:

    この間はありがとうございます。

    早速発注しました!

    0
  2. 月の明かり より:

    仲原様

    ご来店ありがとうございます。「月の明かり」です。

    いやはや、早い対応。
    「すっぴん」は喜ばれると思いますよ。

    そうだ、次回22日も「天国だ…。」
    の雄たけび叫んでみたいと思っています。

    0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)