>自動翻訳機能について

戦勝政宗 純米吟醸 (川端氏&山口氏)

 

KC4300010015

今回より、川端康成氏について4回に分けてお伝えします。

第1弾は、今年生誕90周年になる、「山口瞳氏」です。

夕食後、寝室でお休みになる。十時か十時半に起きてこられる。頭をはっきりしたところで仕事にかかり、明け方までに二枚か三枚の原稿を書かれる。

川端さんは虚弱体質だった。どう見ても胃腸が丈夫だなどとは思えなかった。その頃も不眠症に悩んでおられた。川端さんは、いろいろな療法を試みておられた。さまざまな薬をつかった。指圧も灸もあった。

病院で精密検査をされた話をされたが、どこも悪くなかったそうです。

唯一の旧友今東光の参院選応援にしても、都知事選にしても、ペンクラブのことにしても、自分で自分の体を痛めつけようとしていたようにさえ思われる。自殺行為はそのときに始まっていたように思われる。

山口瞳氏「死の予感」より

お米の旨味と発酵により雑味を押さえ、食中酒の本領発揮です。
ラベルの書は伊達家十八代当主、伊達泰宗氏の直筆です。
宮城県 仙台伊達家勝山酒造(株)  戦勝政宗 純米吟醸
精米歩合55% アルコール分16度  1.8L 3、200円(税別)


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)