>自動翻訳機能について

新政 純米生原酒 (サントリー3)

 

KC4300020010

戦後、当時阪急社長の小林氷一三氏は昭和24年頃、鳥井氏にビール製造を提案。日本ではビールが大手数社で占められている。どの味もみな同じで、大差ない。日本でも、もっと画期的な味のビールがでてもいいのではないか。この提案は様々な事情で頓挫したが、昭和31年に佐治敬三氏は一人の若い技術者をミュンヘン工業大学醸造学のワインフルトナー教授のもとへ送り込む。

鳥井信治郎氏の没後1年たって昭和38年3月、サントリー株式会社と改名。

以上、簡単ではございますが“サントリー”の社史も交えて、振り返ってみました。今夜は喉を湿らせる“サントリーモルツ”“金ビール”を食卓に用意しました。

明日の、2月20日は鳥井氏の命日となります。

平成28年丙申2月4日に搾った新酒が入荷しました。
この時期ならではのすがすがしさは、収穫の喜びと合わさり、明日への明るさを期待させます。

秋田県 新政酒造(株) 立春朝搾り新政 純米生原酒
精米歩合 麹米40% 掛米60% アルコール分15度
720ml  1、500円(税別)

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)