>自動翻訳機能について

フモトヰ 夏純吟 ( 空調)

 

もうすぐ夏休みも終わりますが、まだ々残暑が続きます。

小中学校の、空調設置率。
東京都 99.9%、神奈川県 71.3%、京都府 68.1%、
この数字は、我々の学生時代とは雲泥の差です。

暑けりゃ、薄着になって窓を開ければ良い。
寒けりゃ、重ね着すれば宜しい。

小学校時代は、ダルマストーブで暖をとった記憶がありますが。
それ以外では、夏も冬も同じ環境でした。

そもそも暑くて、勉強に支障をきたすから夏休みがあるのでは?

千葉市では、市民団体から空調を設置して学習環境を整えるよう
請願がありましたが、議会で否決されたそうです。
予算の問題もあるでしょうが、千葉市は普通学級の設置率0.0%
だそうです。

この数字も驚きですが、我々が少年期を過ごした夏より、
あきらかに温度も湿度も上昇しています。

放課後、運動クラブで喉が渇いても、水分を取らなかった為、
倒れて救急車を呼んだ、なんて聞いたこともなかったのです。
昔は、真夏でも30度を超えるのは稀でした。
そして現在は、汗をかく頻度が少なく、体が暑さに慣れてないの
も要因と言われています。
室内でも水分補給を怠ると熱中症になってしまいます。

予算もあるでしょうが、昔はこうだったから、心身を鍛え我慢を憶えて
欲しい、等経験してきた事を、そのまま適用させるのには既に無理が
あるような気がします。

やわらかくスッキリした味わい。
山形だけにダダチャ豆を一緒にいただきたいものです。
枝豆とキリット冷やした日本酒、これも暑気払いにうってつけです。

山形県 麓井酒造 フモトヰ 夏純吟
精米歩合55% アルコール分16度
720m?  1、350円(税別)


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)