>自動翻訳機能について

ひめぜん Himezen Dry(乾杯条例)

 

「乾杯条例」地方自治体で制定が相次いでます。
とりあえずビールで乾杯!を地元の清酒・焼酎に限定するという、
地産地消の観点から、地域活性化を目的として、施行されています。
ビールで乾杯!できないと大手ビール会社はどうするのでしょう。
各地方には数多の地ビールがあります、地域活性の目的からすると、
地ビールは地元産に限ってOKしてはいかがでしょう。
しかし最大の悩みは、夏の風呂あがりに、冷えたビールと枝豆が美味しく
頂けなくなる事です。
まあ、特に罰則規定もないし、努力目標ということなので安心していますが、
数年たつと泡とともに消えてしまいそうな条例ですね。

「銭湯条例」は如何でしょう。
記録によると、終戦前後にも銭湯に通った記録があるほど、庶民に根強い
人気の銭湯も、今や衰退の一途を辿っております。
当時は、家風呂が珍しい時代でしたので、比較にはなりませんが、
世帯あたり、月に一度は銭湯に通う条例を制定したら、地域の文化を残す
良い例とならないでしょうか。

まあ~余計な提案ですが。

祝、東北楽天ゴールデンイーグルス、日本一優勝記念。
急遽探してきました。

爽快感のある酸味が食中酒として飲み飽きしない美味しさ。
ドイツワインのような飲みやすさ。

「ひめぜん」シリーズには他に「ひめぜんSweet」があります。
柑橘系の香りが、酸味とバランスをとりあい、8%台の度数が
日本酒とは別物に感じてしまいます。

宮城県 一ノ蔵 ひめぜん Dry
アルコール分10度以上11度未満
720ml  1、000円(税込)


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)