>自動翻訳機能について

ちえびじん 純米ひとめぼれ 「はだしのゲン」について

 

「間違った歴史認識を子どもに植えつけるから」という理由で、
図書館で、自由に見ることが出来なくなりました。
「残酷すぎる」と言われても、事実なのに。
市教委が市議会へ陳情したようです。

私は「はだしのゲン」は、連載スタート時はすでに成人しておりましたので、
描写が悲惨なので、読むのを止めました。
あまりにも悲しい内容ですので。

閲覧禁止にした、世代の方々はもちろん戦後生まれの方々でしょう。
実際に、戦争を体験した人が、反対するのとは意味合いが違ってきます。

百田尚樹氏の小説が話題になっていますが、私たちの子供の世代は、
「面白かった」「感動した」という表現で読むことができるでしょうが、
私自身は、辛いので読むことができません。

高齢の夫婦が、一度広島の原爆ドームに行ってみたい、というので
足元がおぼつかないのに、連れてゆくと、その夫婦は近くに寄れず
じっと、うつむくばかりだったそうです。

辛い思いを体験するのも必要です。大人が全て隠してしまう昨今、
戦争が、ゲームと同じ感覚でしか捉えられない可哀想な子どもが、
将来、自分の子どもに、戦争の愚かさをどのように伝えてゆくのでしょう。

今年の終戦記念日は、忘れてはいけないのに、忘れさせようとする、
風潮が感じられ嫌な思いがしました。
せめて、酒を飲んで前向きに生きてゆきましょう。

大分県 (有)中野酒造 ちえびじん純米ひとめぼれ 1回火入れ
精米歩合65% アルコール分16度
1.8リットル  2,100円(税込)

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)