>自動翻訳機能について

裏富久長 大吟醸(今田美穂さん)

 

細くて小柄で明るい女性です。
「家のお酒は美味しくない」
「日本酒に興味がなかった」
「家の酒はどれもが同じ味がした」
現在の味に自信があるから言えることです。

東京の大手百貨店に勤務、その後「能」のプロデュースを手掛ける才能ある方。
広島県今田酒造五代目、今田美穂さん、五人姉弟の長女。
現在の「富久長」誕生のきっかけは1998年の春に、
京都大学卒の杉浦氏が入社してきた事で、杜氏が杉浦氏の熱意を受け止め、
酒造りを熱心に伝えてくれた事と、
米造りに興味があった杉浦氏と地元米農家の協力で「八反草」の復活に成功
した点が現在に至ったそうです。
その杉浦氏が、そもそも何故今田酒造に応募したのか、その動機は?
それは単純に杉浦氏が広島カープファンだったとのこと。

当然、冷蔵貯蔵しなければ劣化してしまう酒を、200石(1升2万本)収納の
冷蔵庫を新設したことも重なり美味しくなった「富久長」になりました。
今年は創業100年目になるそうです、益々の活躍を期待致します。

その冷蔵の成果ともいえる、驚くなかれ12年物です。
全く劣化していません、わずかな熟成だけで新鮮さが溢れています。
通常販売してないので「裏富久長」です。
冷蔵熟成 大吟醸 醸造年度 平成十三年

広島県 今田酒造 裏富久長 大吟醸
精米歩合40% アルコール分16~16.9%
山田錦 40 13BY 1.8リットル 3、000円(税別)

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)