>自動翻訳機能について

特別純米雄町 和心(わしん)

 

前回の回文つながりから、岩井志麻子女史が常々話されている、
岡山はうどんがお好きな方が多く、一杯ではちょっと物足りない時に。
「ものたりない いなりたのも」という有名な回文があるそうです。
そして岡山のお酒といえば「竹林」が有名ですが、
小さな蔵から旨いお酒を発見しました。
親しい方に贈ってみたいNO,1の銘酒です。
目隠しテストしても銘柄を当てられる方は、おそらく皆無なのでは。
それじゃあ、どんな味といわれますと、非常に難しいのです。
この感激を、どんな表現を使えば良いのか、悩み抜きました。

しかし私が美味しいと思っても、相手には迷惑になるのではないか?
やはり、押しつけはいけません。
安易に贈り物をしてはいけないのでは、と反省しました。
そういえば過去、贈り物をしても「旨かった!」と感嘆の返事が届きませんでした。
「和心」は他の酒とは違います、「和心」の味です。

昨年末、小山の「かがた屋」さんで、3日間予定していた、「十四代」の抽選販売が、
初日で完売してしまった現象を見ても、根強い「十四代」人気が続いています。
入手された方は、嬉しさのあまりラベルを見ながら
「さすがに十四代、苦労して手に入れたからな~」と感慨に浸ることが出来ます。
しかしラベル無しの瓶に入れて「これ中身は十四代、飲んでみて」と言われても、
同じ感慨に浸る事がはたして出来るでしょうか?私は断言します、出来ません!
このお酒は間違いなく旨い!という暗示にかかってしまっているのが、
幻のお酒といわれる所以なんですね。
ま~現実に旨いし、安定感がありますね、「本丸」が一番好きです。

話を戻しますが、「和心」が有名になると、同様の「十四代現象」が起こるのでは
と危惧しています。
幸いにも関東では取り次ぎ店舗が数軒しかないので、当分安泰です。

昨年の末に偶然見つけた一献です、購入先は改めてご紹介できればと考えます。
このお酒は、旨い!
岡山名物「ままかり」「ニシガイ」などと一緒に飲むのも良いでしょう。

極寒期に仕込んだ特別純米酒です。
料理の邪魔をしないきれいな味わいです。ラベルの文字は、武田双雲氏の書。

岡山県 難波酒造㈱ 特別純米雄町 和心(わしん)
精米歩合60% アルコール分 15度以上16度未満


コメント一覧

  1. 氷輪おかや丸 より:

    月の明かり様、初めまして。
    「和心」を検索していて、通りすがりに辿り着きました。
    画面を拝借致しますこと、お許しくださいませ。

    岡山の難波酒造による「和心」。
    この蔵元様のお酒は、以前から美味しいと思っていましたが、
    特に近年の酒質向上ときたら、驚くほどなのです。
    酒米にも用いられる食米の「朝日」。
    岡山でその殆んどが生産される品種ですが、
    この朝日で醸した純米酒が岡山県の鑑評会で主席という快挙。
    そして言わずと知れた、全酒米の祖にして最高品種の「雄町」。
    この雄町で醸した「和心」の美味しさと言ったら…。
    喉に障らず透明感のある淡端を特長とする備中杜氏の備中流を、
    今も守り続ける稀有な蔵元様です。
    現在流通している「和心」は、熟成期間を経たもののようですが、
    月の明かり様が仰いますとおり、非常に美味しいと思いました。
    大切な方に贈りたい、そんなお酒でありました。
    これの新酒を利いた方は、爽やかにして凛とした、透明感際立つ、
    世紀の銘酒だと絶賛していらっしゃいました。
    難波酒造様は今後、純米大吟醸、純米吟醸、特別純米、純米を、
    定番作品のみならず、限定作品として次々に投入なさるご予定とか。
    綺麗な備中流の本流、王道をゆく、本物の「岡山の酒」を、
    楽しみにしているところでございます。

    初夏の「ままかり」、夏の「ニシガイ」、良さそうですね。
    今の季節ならば岡山の牡蠣、春にはベイカや鰆、
    夏にはシャコやマナガツオ、晩秋にはワタリガニもよろしいかと。

    ともあれ、お身体を大切になさいまして、ご自愛くださいませ。
    酒は百薬の長と申せども、肝臓には休日が必要です。
    血管年齢の若さを保持すべく、食生活にもご留意を、と、
    僭越ながら不躾にも、お節介を申し上げました。
    ご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

    今後とも、立ち寄らせて頂きたく存じます。
    宜しくお願い致します。

  2. 月の明かり より:

    氷輪おかや丸様「月の明かり」です。
    ご来店ありがとうございます。

    「和心」の美味しさを共有できるとは感激です。
    なかなか手に入らないお酒なので、残念でもありますが、
    また広まりすぎても、ちと困る。そんな思いです。

    酒の味わいは、嗜好品ですから、当然のごとく旨い不味いの判断は
    人それぞれです。有名銘柄で「あの酒は旨いね」と言っても、
    時として銘柄が旨さをフォローしてしまいますので、
    本当に「旨い」と叫べる馴染み薄い銘柄(蔵元さんには申し訳ない)
    に共感いただけると本当に嬉しく思います。

    これからも、マニアックな酒を追い求めますので、
    是非、お立ち寄りください。

  3. 氷輪おかや丸 より:

    月の明かり様、ご無沙汰致しております。
    お健やかにお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。
    再び 「和心」繋がりでお邪魔致し、 画面を拝借致しますが、
    お許しくださいませ。

    喉に障らず透明感のある淡麗を特長とする備中杜氏の備中流で、
    蔵元様渾身の作として醸された「和心」。
    登場するやその美味しさが認められ、
    定番作品である筈の「特別純米雄町」が完売となっていましたところ、
    今期のものが発売されたそうです。
    (参考:佐々辰酒店様のブログご記事より)
    http://sasatatsu.exblog.jp/
    これ迄にも、限定作品として、特別純米雄町の原酒や、
    朝日の純米、夏仕込み純米にごり等が投入されましたが、
    それぞれに美味しいものでありました。

    「親しい方に贈ってみたいNO,1の銘酒」「このお酒は、旨い!」と、
    和心を評していらっしゃった月の明かり様に、
    和心特別純米雄町・復活のニュースをお届け致しましたが、
    美味しい酒も、過ぎれば身体に障ります。
    少なくとも週に2日の休肝日を保たれ乍ら、
    今後とも、美味しいお酒をお楽しみになり、
    また、ご紹介頂けましたなら、幸いでございます。

    お身体を大切になさいまして、くれぐれもご自愛くださいませ。

  4. 月の明かり より:

    氷輪おかや丸様「月の明かり」です。

    引き続きのご来店ありがとうございます。

    「和心」の紹介は今年の3月に低温熟成させた大吟醸を紹介してから、音沙汰なく今に至りました。
    限定商品のために、手に入りにくく思いはつのるばかりです。

    3月に吟醸古酒を伝えるとき、「華やかだった香りも穏やかになり、
    円熟味を増した古酒独特の芳醇さが嬉しい銘酒です。」
    と書きましたが、教えていただいた「特別純米雄町の原酒や、
    朝日の純米、夏仕込み純米にごり」その味を堪能したいと
    喉を鳴らしています。

    「美味しい酒も、過ぎれば身体に障ります。
    少なくとも週に2日の休肝日を保たれ」

    とのお言葉。
    耳が痛く、肝臓痒く受け止めました。

    人には「我辞書に休肝日なし」と豪語していますが、
    体あっての酒の味わいですので、薄い文字で休肝日を書き添えることにします。

    是非とも、またのご来店楽しみにお待ち申し上げております。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)