>自動翻訳機能について

「みんなのうた」パート2

 

1970年代からはいかにもNHK好みの田中星児さんが合計9曲も歌っています。
「おかあさんといっしょ」の初代うたのおにいさんでした。
グッチ裕三氏とは従兄弟にあたります。

トワエモアが「虹と雪のバラード」を歌い、翌年72年の札幌オリンピックのテーマ曲になりました。
トワエモアでは合計4曲、解散して白鳥英美子で「おばあちゃんもしかして」を2005年に歌っています。
アメージンググレースが彼女の美しい声にピッタリです。

ガロが1972年に「そして君は」1973年に「どこまでも駆けてゆきたい」この2曲は知りませんでした。
解散は1976年でした。

1972年4月青い三角定規「ひとつをみんなで」。

チェリッシュが1973年から合計6曲、1971年デビューして77年に結婚。
もう40年も一緒!たしか現在はハワイ在住とか、1973年の「てんとう虫のサンバ」は今でも結婚式の定番ソングだそうです。
最近では結婚式より葬式の案内が多くて。

1974年にペドロ&カプリシャス(2代目ボーカル高橋真梨子さん)が竹田の子守唄を歌ってます。この曲は1969年赤い鳥が歌ったものですが、京都の竹田地区に伝わる民謡で部落解放同盟の合唱団のレパートリーでした。
被差別部落絡みの曲であった為一時放送禁止になっていました。
この事は最近まで知りませんでした。

1975年にはちあきなおみさんが「さとうきび畑」を歌っています。
この頃は「夜間飛行」「円舞曲」など新しい分野の曲も発表していましたが、スタンダードジャズも聞きごたえあります。
「星影の小路」はカバー曲ですが、ちあきワールドが堪能できます。
最愛の伴侶との死別。芸能活動停止から既に20年経ちました。
若い方々はコロッケの形態模写でご存知ですが、あれはデフォルメ過ぎます。
あの芸風はピーターのモノマネから真似したものです。
森山良子さんが歌うのを昔に聞いていたのは記憶の片隅に、彼女の歌声が残っていたのでしょうか。

銘酒界のちあきなおみ。
後味の良い甘味が特徴。

山口県永山本家酒造「貴」特別純米 山田錦 直汲み 1.8L

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)