>自動翻訳機能について

兵庫県西山酒造場「古丹波」

 

やっと探し当てた栗焼酎の紹介です。

ずいぶん時間がかかりました。この種類は取り揃えている店が少なく、難物の一つに数えられます。

高知県の「ダバダ火振り」の栗焼酎も有名ですが、兵庫県西山酒造場「古丹波」は、大粒の丹波栗「銀寄」で生まれた焼酎です。

まろやかでほのかな甘味、あらかじめ前割で作り、火に掛けた行平(ゆきひら)に流しこみ、指を差し入れ温かさが感じられるようになったら、火からおろします。

ほんのり温かい飲み方が、この季節堪らなく美味しくなります。

スナックで女性と二人きりになり「もっと、前から知り会っていれば、お互い人生が変わってきっと幸せになれたよね」なんてツセリフが、つい澱みなくでてしまい、昼間再び逢うと、失言ではすまなくなっている経験が、皆さんきっとあると思います。

しかしこの栗焼酎は期待を裏切りません。

「あなたに、会えてほんとうに良かった…。」

女性は失言を許してくれませんが、栗焼酎は優しく温かい香りに包んでくれます。

4合瓶で 1200円


コメント一覧

  1. うー より:

    最近はウイスキーのお湯割に凝っています。若いころは水割でしたが、お湯割りは「ツーン」という香りがなんともいえません。

    ウイスキー2対湯4で一番美味しいです。メーカーは何でもいいのですが、やはり1千円~2千円が美味しいです。

    スナックで女性と二人きりになりならなおさら美味しいと思います。
    まぁ。一人でチビチビやるしかありません。

  2. 月の明かり より:

    うーさん。どうも、どうもの「月の明かり」です。

    この頃、スナックでもウイスキーを飲む人減りましたね。

    私も行きつけのスナックがあって、そこでも焼酎を飲んでる人が大半です。

    ウイスキーを飲むのはスタンドバーで、ちょっとかましちゃおうかな。そんな時ですね。

    ただ、寒い夜に、ホットウイスキーで心を癒す。それもほっとしますね。(駄洒落で失敬)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)