>自動翻訳機能について

山川光男 2018ふゆ (錯覚かな~)

 

180316

今回は“楯野川酒造”です。前回の“ふゆ 2”は四合瓶で試しましたが、あまり感動の無い、普通に美味しい造りでした。

やはり“無濾過生原酒”が味わいに影響しているんでしょうか。

錯覚かな~。

非情に難しい問題です。

“生原酒”の表示を見ると80%は味のイメージが出来てしまいます。そして、アルコール度数を見て、その味わいを予想してしまいます。

そういえば、そのようなイメージをしないように、スペックを非表示する蔵元がありました。

山川光男は「男山」「東光」「楯野川」「山形正宗」が各自、持ち回りで挑んでいます。

山形県 楯の川酒造(株) 2018 ふゆ
精米歩合 50% アルコール度数 16度
1.8L  3、600円(税別)   


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)