>自動翻訳機能について

またまた、喜多酒造「喜楽長」

 

今年の5月21日お知らせした頒布会商品の続編です。

5月60%精米 特別純米酒
6月50%精米 純米大吟醸
7月40%精米 純米大吟醸

6月には50%精米が手元にあったのですが、7月入荷の40%精米、2本同時に開封して、味の違いを確認することが出来ました。

こんな良いチャンスはないと思い、ワクワクしながらこの日になりました。

50%–上品な甘みとまろやかさ感じます。
40%–絹ごし豆腐のような優しさが伝わってきます。

「美味い」の一言以外に、適切な言葉が見当たらないのです。

2回に分けて挑戦。

合計8合飲みきってしまいました。当然良質の日本酒は、決して二日酔いしません。

【酒学事始】という新聞が毎回同封され、そこには細かに、味の違い・表現が掲載されてます。

そのまま引用しても良いのですが、何故か違う表現がないか、試行錯誤して、結果「美味い」で納得してしまいました。

滋賀県 喜多酒造「喜楽長」山田錦50%・40% 純米大吟醸720ml  各2100円

吟醸香  ★★★★★
旨 味   ★★★★★
値 段  ★★★★★

4合で2100円はちょっと高いようですが、納得の2100円でした日本酒の種類


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)