>自動翻訳機能について

福島県廣木酒造本店「純米吟醸」特撰吟醸

 

さて、日本酒の話を書かなくなって久しい限りです。

そうは言っても、利き酒師をうたい文句にしているのだから、たまには日本酒の事を書かないとならないでしょうね。

そこで、本日は「飛露喜」です。

このお酒、身内から頂いたのだけれども四合瓶で2,625円ですから、それは高価な日本酒で…。

頂いたといえ「申し訳ない」と頭を下げる思いです。

そんな高いお酒だからと言うわけではないが、実に旨い。

私、「飛露喜」は嫌いではないのだが、何故なんだろう、店で飲んだりすると当たりハズレを感じる時があるのです。

それは、店の管理の問題もあるので、蔵元さんが造っている酒の問題ではないのだが、何故だか味に恵まれない。

結構、こういうのってあるんですね「磯自慢」もそうだし、以前は「酔鯨」もそうでした。

そうなると自分では、いい酒だと分かっていても手を出しずらくなるのです。

しかし、今回は旨かった。

そうだ、今回から日本酒の評価を☆「幾つかな?」で表現したいと思いました。

飛露喜「純米吟醸」特撰吟醸

吟醸香 ★★★★☆
旨 味 ★★★★★
値 段 ★★☆☆☆

評価は、上立ち香華やかに昇り、キレのいい味わいではありますが、如何せん金額が高いのが渋い評価となりました

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)