>自動翻訳機能について

我輩は猫である

 

面白い光景を見る機会があった。

肩に猫を乗せているご婦人を拝見する事があったのである。

猫が、ずり落ちないようにお尻に手を添えて、住宅の中を鼻歌まじりで散歩している光景は何とも平和である。

その不思議な光景を目にして、思いきってご婦人に声をかえてみるとした。

「なんで、猫ちんを肩にのせてるんですか?」その答えが振るっている。

「散歩させてるの」はあ?

「あの~しかし、それでは散歩にならないと思うんですが?」と…。

「この子は怖がりだから、このほうが安心するのよ」

「そうなんですか。何時頃からそのような関係に?」

「今年の1月から。犬の散歩から帰って来ると、足元でじゃれついて抱っこしろと言うの。ああこの子も散歩したいんだ、とわかったのよ。外を歩くと喉をゴロゴロ鳴らして喜ぶんですよ」ハハハッと笑い声まで猫ちんに似ている。

「猫ちんの気持ちがわかるんですか?」

「あたりまえです。気持ちがわからない方が信じられないわ」

その一言で、アングリと口を空いたまま、閉じる事なく帰路に着いた。

猫の気持ちが分かるんだ?

こんな平和な風景を思い浮かべて、今夜も美味い酒を飲むとする

0

コメント一覧

  1. うーさん より:

    我輩は日本酒であります。最近寒いので燗をつけて飲んでいます。
    ここで発見したのですが、安い酒は直ぐに熱燗になってしまうと言うことです。

    いい酒は同じ温度に設定しても熱燗になりません。
    ちょうどいい加減に舌に感じます。これがまたたまらないのです。
    天気が冬に逆戻りです。酒好きの我々にはたまりません。
    冷でもよし。熱燗でもよし。なんでもよし。
    我輩は酒好きである。猫舌ではありません。

    0
  2. 月の明かり より:

    うーさんありがとう。

    毎回、飽きずによく見てくれてますね。
    それに、「我輩は酒好きである。猫舌ではありません。」
    とまあ、今回も洒落っぽく…。実に愉快であります。

    次のコメントを楽しみにしています。
    月の明かりでした。

    0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)