>自動翻訳機能について

千葉県森酒造店「飛鶴」無濾過本醸造生原酒

 

 いつのまにか 
ゆったりとした足取りになっていた

 いつのまにか 
頭を上げて空と雲を見ていた

 いつのまにか
微笑んでいた

そんな言葉が似合う町。千葉県のちょうど真ん中にある町、それが「久留里(くるり)」である。

木更津駅からJR久留里線に乗り換えてみよう。そして「久留里駅」で降り立てば、静かな、ゆっくりとした久留里時間が刻み始める。

列車の姿が無くなった単線の先には、寂しさが感じられる。でも、振り返って望み眺める里山の情景に、足が自然と動き出す。

一歩踏み出せば、靴の底から春の暖かさが感じられる。さあ、歩いてみよう、そして探してみよう酒蔵の水を支える自然の恵みを…。

と、書き始めたが、実は「まだ、行ったことがない」のである。

お酒とパンフレットを頂いただけなのだが、何だか自分で行った気分になるのが日本酒の魔術である。

静かに眠る山里に、創業以来、百有余年。代々受け継いできた酒蔵が、森酒造店である。

森の中のきれいな空気、愛宕山麓に湧く名水。厳選され、磨かれた酒米。

そんな自然の恵みに、越後杜氏の熟練の技が加わり、清酒 「飛鶴(とびつる)」 は生まれたのである。

あくまでも手造りにこだわり、醪(もろみ)の声を聞きながら、一本一本じっくりと丁寧に仕込んだその味は「旨い」。

旨味の先に、水の良さが感じられる。丁寧に、優しく搾られたのだろう。

ほんのりと感じる吟醸香は、飲み手の鼻先をくすぐるのが、たまらない。

春先、久留里の町を酒蔵見学で歩くのもいいものだ。森酒造以外にも、藤平酒造、吉崎酒造、須藤本家と蔵が待っている日本酒の種類


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)