>自動翻訳機能について

栃木県相澤酒造「愛乃澤」純米吟醸 赤ラベル

 

「愛乃澤」赤ラベルをご紹介しましょう。

精米歩合55%。山田錦を磨き上げて丁寧に丁寧に醸し上げた純米吟醸です。

控えめな芳香ですが、グラスに残った吟醸香を嗅ぎ続ければ、いつまでも味の余韻にしたることができます。

奥行きのある味わいは、見事なバランスです。黄色ラベルの純米吟醸も良しですが、赤ラベルは奥深さを感じます。

このお酒、ぬる燗で飲んでも、充分いけると思いますが、私は冷やで飲み続けたいと思っています。

愛乃澤の故郷は栃木県佐野市です。

江戸時代末期安政元年(1854年)に創業し、以来、約百五十年続く由緒ある蔵元です。

女性杜氏、相澤晶子さんの「米を愛で、水を愛で、心で愛でる手造りの酒」を是非味わってもらいたいと思っています。

年の暮れ、静かに飲むには最高のお酒です。

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)