>自動翻訳機能について

秋田県齊彌酒造店「百竈」純米吟醸

 

「百竈」ひゃくかまど、いい名前ですね。

このお酒は、酒米づくりから端を発しているようです。
酒米作りにこだわるだけじゃなく、自分たちで酒も造ってみようという遊び心が、酒を造る動機となったそうです。

農作業を受託する営農集団「百竈」が、集団の名にちなんだ純米吟醸酒「百竈」を発売したのです。
そこには、「(株)齊彌酒造店」と山内社氏、高橋藤一氏との出会い、都会生活者、地元消費者と生産者との出会いなど、幾つかの人の出逢いから「百竈」が誕生したと聞かされました。

上質な酒米“吟の精”作りにこだわり、平成14年からは酒造好適米美里錦(みさとにしき)で造った純米大吟醸「百竈[美里の春]」も販売しています。

そして、今回はゆりの大地米「秋田酒こまち」で醸しました。

「純米吟醸酒ならではの、幅のある味わいときめ細やかな酸味、そして、蔵独自の自社酵母が醸し出す、香味のバランスをお楽しみ下さい。」
瓶のラベルに書かれた、その言葉を、そのまま口中で感じることができます。

「百竈」は「宮崎屋球三郎商店」で販売中です。


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)