>自動翻訳機能について

東京都福生市多満自慢「酒は楽しく第八段」純米大吟醸

 

さて、いつまでも「日本酒学講師」試験合格の余韻に浸っている訳にもいきません。

本日は、今までのお酒の既成概念をくつがえす、とんでもない1本をご紹介します。

東京都福生市多満自慢「酒は楽しく第八段」純米大吟醸です。ラベルには「かすみにごり生酒」と書かれています。それだけなら驚かないのですが、絞られた年が2004年です。瓶詰めされた製造年月日は2005年2月28日。

分かります。生酒を5年間、しかも瓶詰めして熱処理もしないまま保存してるんです。普通は「そりゃ無理だよ」と思うでしょう。それを実現させてるのですから驚かない方が不思議です。

しかし、このお酒が実に旨いのです。

芳醇な奥の深い味わい。と言いながらも、本格古酒のような臭いはなく、と言いながらもフルーティーな吟醸香はすっとんでる、その何とも複雑な味覚と香味です。

私はあまり古酒は好きではないのですが、このお酒はいけますね。柔らかいのです。強いまったり感もありません。始めて古酒を飲む方にはお薦めですね。

料理にも、オールマイティーに味わうことができます。

ネットで確認したのですが、蔵元直でも購入は無理のようです。蔵元「多満自慢」まで足をお運び下さい。


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)