>自動翻訳機能について

東京都福生市石川酒造「紅龍」純米吟醸 無濾過生

 

「ゆっくりと丁寧に時間をかけて精米し、蔵人が造りにこだわって、大切に育んだお酒です。お米本来の旨味が味わえる贅沢な造りとなっております。是非、この味わいご堪能下さい。」

と瓶の裏には書かれています。

石川酒造というと 「多満自慢」で有名ですが、「多満自慢 / たまじまん」は、多摩(東京都心の西方、武蔵野台地が、多摩丘陵と接するところ一帯の地区)の心をうたいつつ、
多摩の自慢となる様、多摩地区はもとより広範にわたって多くの人達の心を満たす事ができたらといった、願いをこめて命名されたそうです。

さて、その石川酒造「紅龍」ですが、これがまたいけるのです。

「多摩自慢」はあまり飲んだことのないお酒でしたが、「紅龍」は、実に旨い。

甘味と酸味が、優雅にワルツを踊るように、口の中でリズムを奏でます。フルーティーな香り、まさに吟醸香が「ゴクリ」と喉を鳴らします。甘口ではありますが、飲み終わると、次の一杯に手が出る味わいです。

ただ、残念な事に、なかなか手に入らないようです。蔵元で聞いてみますと、ほとんど外に出していないようなのです。

精米歩合50%、五百万石で仕込まれた「紅龍」。もし、お目に止まれば、「一杯」お楽しみあれ…。

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)