>自動翻訳機能について

百田 山廃純米大吟醸(盲信)

 

210712

「盲信するぐらいなら、書物などないほうがよい」孟子

以前から、一度は覗いてみたかった酒屋があり、店外・店内とも整頓され、私と同年配であろう女性店主の対応が心地よく、足繁くお邪魔しております。

その店主からのお薦めを、いつもお世話になっている友人の奥様のお口に合いそうなので、送ってみました。

先日、その奥様にお気に召したか伺いましたら、「可もなく不可でもなく、人にお薦めするほどではない」。
勿論、事前に私も飲んでおり、もう少し印象は良かったのですが。

はた!と心を打たれました。

私は、蔵元・店主などの情報全てを味にプラスして飲んでおりました。そうです、「盲信」していたのです。

小料理屋で和服姿の鈴木京香さん、乃至篠ひろ子さん似の女将に「どうぞ」と鈴が転がるように優しく心地よくお酌されるのと、場末の居酒屋で、ダミ声の女将に「私の酌は別勘定だよ」なんて吐かれるのでは、味がまるっきり違ってきます。

毛沢東氏は冒頭の孟子の言葉を引用して
「書物をやたら信じるな、読んでお手本にするな、自分の頭で考えることが大切だ」と説いてます。

今回のご紹介は、飛良泉銘柄で有名な蔵元ですが、“山廃”を秋田県が開発した「百田」で試みるとは。盲信せず何とも味わいのあるお酒でした。

秋田県 (株)飛良泉本舗 百田 山廃純米大吟醸
精米歩合50%  アルコール分15度
720ml    1760円


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)