>自動翻訳機能について

愛媛県梅錦山川株式会社「梅錦」純米大吟醸

 

全国新酒鑑評会「金賞」12年連続受賞、驚くべき銘酒です。愛媛県のお酒で感動したのは、この「梅錦」だけ。

その梅錦は、こうして造られます。

山田錦や玉栄、八反錦、雄町などの原料米と、井戸水を仕込水として使用し、酒づくりが始まります。まず精米、洗米、そして蒸し米を行います。蒸しあがった米の水分を一定化させるのは、いちばんむずかしい作業。
杜氏の磨きあげた技と感性がここで生かされます。次に蒸し米に種麹を散布し、温度と湿度を微妙に調節し、酵母の拡大培養へ。これを「酒母づくり」といいます。
そして大型タンク内で、酒母に麹米・蒸し米・水を加えて醪(もろみ)づくりを行い、上槽<搾り>へ。さらに、火入れ、貯蔵、調合と続き、梅錦ができあがります。(hpより参照)

その「梅錦」の味わいは。

果実の吟醸香が、最初に悦びの入り口を作ってくれます。鼻先に漂う、微妙な香味は思わず顔が緩んでしまいます。
口の中では、磨かれた米の旨味がジワーっと広がって、丁寧な甘さが残ります。やはり、食前酒として味わうのが最高でしょう。

味わって頂きたい、銘酒です。


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)