>自動翻訳機能について

無濾過(むろか)って何なの?

 

お酒を購入する時に、酒瓶に「無濾過・生酒」っとラベルが貼られたお酒が目に止まると思います。では、この無濾過とは「なんぞや」って事になりますよね。簡単に説明しますと…。

搾り上がったお酒には、まだ若干の酵母などの微生物や微粒子の状態の未分解成分などが含まれています。そのままでは熟成が進むほどにお酒の風味が悪くなる場合があるんですね。
ですから、通常はフィルターを通し、活性炭を加えて濾過を行います。この濾過を行わないのが「無濾過」なんです。

ですから、作りたてのお酒を味わいたい、そんな期待に応えて濾過しないで瓶詰めされたのが「無濾過」なんですね。ですから、「優しく」扱ってください。
熟成が進んでいませんから、「若い」と感じるかもしれませんが、それはそれで味わいに新鮮感があって、いけるものです。

今日は写真に桃の花を使いました。
実は、今日「東京大空襲」の日なんです。戦争の悲劇を二度と繰り返さないためにも、今夜は「献杯!」


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)