>自動翻訳機能について

リーデル エクストリーム 純米

 

グラス

純米酒のためのグラス。それは、長年の思い、純米酒をワイングラスで味わいたい、その果実のような香りと発酵が導き出す純米酒の素晴らしさをこの舌で味わいたい。そんな夢が実現したのかもしれない。

縦型で卵型のワイングラスは、香りを楽しむには実に条件にあったグラスと言える。数少ない店ではあるが、ワイングラスで提供する店には、それなりのこだわりが存在している。

にもかかわらず、更なる形状で味わいを深めたいと誕生したのが「リーデル エクストリーム 純米」の開発だという。何と8年もの月日が費やされたと聞けば、その思いに敬服しない訳にはいかない。しかも170人もの蔵元や専門家の意見を集めて新たな形状で仕上げたというのだから、ため息がもれてしまう。

実際に購入してみると新しい発見ができる。平口の著口がいいのか、錫の片口から落とした方がいいのか、はたまた茶碗で一気に流し込んだ方が旨いのか。その形と方法が一律に甲乙つけがたい感情が沸き起こる。「ワイングラスで純米酒の為のグラスがこれだ。」と言い切れないのが残念ではある。今までのイメージが邪魔をして、断言するのに躊躇する自分がいる。

しかしながら、そのグラスに託した思い入れを噛み締めれば、グラスの底から見渡せる新たな酒の景色を堪能できるのではないだろうか。

物は試し、一度購入して味わってみるのも良しと感じるが、いかがなものであろうか。

2+

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)