>自動翻訳機能について

芽キャベツとすき焼き

 

お酒と料理の関係を書くのは簡単そうで難しいものです。それは嗜好品だからです。「好き」と言う人もいれば「嫌い」という人もいるものです。
お酒の種類でも吟醸香の強いものが「ダメ」と言う人もいれば、その香りが「たまらない」と感じる人もいます。

刺身が好きな人にとってみれば「刺身で一杯」は至福の一時になりますが、「生ものはどうも」って人には、たまったもんじゃないと感じます。

ですから、料理とお酒を考える時、利き酒師は私的嗜好を排除します。あくまでも、料理の素材や味付けに酒が邪魔していないか。そこを考えます。

兵庫県本田商店 「龍力(たつりき)」純米無濾過生原酒。蔵にて約一年間じっくり熟成させ、氷温貯蔵冷蔵庫にてさらに一年寝かせた銘酒を味わいながらの料理です。
このお酒に何の料理を用意するかです。龍力は濃醇なフルーティーさを香りで出します。甘味たっぷりの味わいが口中に広がりますが、後味には心地よい余韻が残ります。

そこで、非常に単純ですが、芽キャベツを用意しました。キャベツを小さくしたような野菜ですが、キャベツの若芽ではありません。

その芽キャベツを電子レンジで軽くチンして、鉄板かアミの上で、少し焦がします。塩を軽く振って、醤油をチョコッと付けて食べてみると。
「生酒には、いけますよ。」つまり酒の味に、単純なひと味の料理は無理がないのです。

そこでその鉄板の上で、すき焼き作っちゃいました。
さて、これが無濾過生原酒と合うかどうかです。やはり、甘味と醤油味が強い料理には、生もと系のお酒が合いますね。

熟成感が強く、香りも強いお酒は最初いいのですが、飽きが来るのです。すき焼きも勿体ないし、まして「龍力(たつりき)」の魅力が半減してしまいます。
やはり、お酒の香りと旨みが強い時は、サッパリとした料理がマッチするようです。

しかし、「龍力」は実に美味しい酒でした。

それでは今日も「ご馳走さまでした」


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)