>自動翻訳機能について

万能ねぎと日本酒

 

「あ~」先日プランターに万能ねぎを植えた話を書きましたが、それがですね。太くならないのです。
ネギって奴は、太くなってくれないとカイワレ大根みたいで、何とも迫力がありません。

細いカイワレ大根もどきの、万能ネギがヒュルヒュル延びているのです。

間引きが足りないのかな?栄養不足なのかな?と心配しながら毎日を送っているのです。

今に収穫できたら、ネギを豆腐に振りかけて醤油をたらして…。そうだ、みそ汁に入れて食べるのもいいかもしれない。
そんな、小さな夢を抱いているのに「あ~」何故だか、太くならないのです。

仕方なく、ネットで万能ねぎの栽培を検索すると、突然太くなるようです。そんな写真も掲載されていました。
では、その突然がいつ頃くるのでしょうか。

何たって、初めての体験ですから。突然太くなった写真を見ても半信半疑で、実に不安であります。
でも、よくよく考えてみると「平和だな」と思うのです。

ベランダで万能ねぎを栽培して、そのネギを薬味で一杯交わしたい。そんな小さな願いに喜びを感じているのですから「平和ですね」。

もっと大きな志で、このネギが日本の自給率向上の一投になるのではなだろうか。そんぐらいの思いで造ればネギも太くなるのかもしれません。

近くの畑で野菜を植えてる農家のオッチャンを見かけます。「あの~、実はうちのネギなんですが」っと質問しようと思います。
でも相手は畑でしょ。あたしゃプランターですからね。いやいや、恥ずかしくて声も掛けられません。

何だか、少女のような心の繊細さに「胸キュン」と感じる秋の空でありました。

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)