>自動翻訳機能について

福小町 亀の尾純米吟醸 (サバの缶詰)

 

210824

杉酒店の女将は私と同世代のようで、たまに昔話で意気投合します。最近話題になったのは「サバの缶詰」です。

昔は、サバ缶といえば不評の代表格でした。それでも給料日前は、ビールの相棒はサバ缶でした。多少余裕がある時は「ホワイトアスパラの缶詰」で贅沢感を味わい、クーラーも扇風機もなく団扇だけで夏の暑さを過ごしていました。

女将も同様に「そうよ、昔はサバ缶なんか嫌で嫌で。でも安くて調理もいらないので主婦の味方だったのよ」

それでも、店頭には“味噌味・醤油味、アヒージョ味”並べられています。

「今の人は、美味しいらしく買っていくのよ、製造方法が格段に向上して美味しくなったそうよ」

食べてみないの?

「嫌、私は不味かった思い出しかなく、今でも受け入れられないのよ」

女将には内緒ですが、つい最近“温める方法”を知り、酒のつまみに一品足すときは大変重宝するようになりました。

慣れ親しんだ“亀の尾”。
やはり一味違います、安心する美味しさでした。

秋田県 (株)木村酒造 福小町 亀の尾純米吟醸
精米歩合 58%  アルコール分 15.5度
720ml    1,705円(税込)


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)