>自動翻訳機能について

出羽桜しぼりたて生原酒 (150年前)

 

170202

安治川べりへついていた小舟へみなりのよい侍が三、四人どやどややってきて、天保山の沖まで船を出してくれという。

その態度が横柄なので、船頭が啖呵を切ると「危急の場合じゃ、たってたのむ」というのでしぶしぶ船にのせて川を下り、天保山沖まででると、止まっている軍艦までいってくれという。

船頭は殺されるのではないかと思って尻ごみすると、決していためつけるような事はせぬという。やっとのことで軍艦までつれていくと、船へ上がった侍が「船頭ご苦労であった。わしは徳川慶喜じゃ」と言ったので、船頭は驚いて「これはこれわぁ公方様」と言って船板の上へ這いつくばったという。
150年前の話です。

山形が開発した酒米「出羽の里」小欄で何度もご紹介している銘酒、ノーベル賞受賞者の大隅氏が絶賛した蔵元です。

山形県 出羽桜酒造(株)  出羽桜しぼりたて生原酒
精米歩合60% アルコール分17度 
720ml  1,400円(税別)


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)