>自動翻訳機能について

満寿泉 純米生 (散髪屋)

 

小さい時は、髪型は親の指示通りに従ってきました。
耳にかぶさるような切り方だと、「同じ料金で勿体ない、もっと短く」
と怒られ、髪型に注文を付けると「子どものくせに生意気」
と、同じように叱られました。
小学校時代、前髪を揃えて切る「ぼっちゃん刈」は定番でしたが、
切りすぎると、学校に行くのが恥ずかしくて憂鬱になったもんです。

成年になり、髪型にも気配りを始めた頃から、通い慣れた店を変える時、
非常に勇気が必要でした。
切った後、気に入らなかったら、どうしょう。
元に戻してもらえないし。
話好きの店員は遠慮したいし、無愛想はもっと嫌なので。

現代は仕事の都合上、行きつけの床屋に行けなくなったら、
1000円カットの店は便利ですが、随分前に利用しましたが、
切り方やカミソリの使い方が未熟な店員がいて、不愉快な思いをした経験も
何度かありました。

しかし、昔からある「床屋さん」その姿が少しずつ消えてきました。
若い方は、美容室を利用しているようですが、昔ながらの「床屋さん」で
優しく、顔を剃ってもらうのはスッキリ気持ち良いもんです。

かなり前に、古酒を飲んだ経緯から、重厚な造りの蔵元と思っておりました。
しかし、個性的であることは間違いなく、造りの優雅さから楽しみな蔵元です。
ほんのりとした吟醸香と、わずかな甘味を感じ、合せる料理が次々と
浮かんできます。
ベテランの散髪屋でさっぱりした後に楽しみたくなりました。

富山県 枡田酒造店 満寿泉 純米生
精米歩合58% アルコール分17度以上18度未満
1.8L  2、500円(税込)
※少ない小遣いから消費税率UP前のまとめ買い購入です。


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)