>自動翻訳機能について

九頭龍蕎麦「はなれ」

 

飯田橋駅を背にして神楽坂をゆるりと登る。

右手に折れる小さな路地を入れば、半世紀前の空間にタイムスリップできる。
花街の面影が残り、石畳に鳴る下駄の音色が隠れた財産だ。

以前にも紹介したが、九頭龍蕎麦もこの近くにある。
新宿区神楽坂3丁目。そば・郷土料理「九頭龍蕎麦」神楽坂。
福井の酒と肴が、昼間であろうが時間にかかわらず堪能できるのが、何より嬉しい。

店に入れば、蕎麦の注文より先に、銘酒を味わってもらいたい。
加藤吉平商店の「梵」を注文してはいかがだろうか。
「艶」か「ゴールド」どちらも唸らずにはいられない。
酒の肴は「へしこ」に「味噌豆腐」これでまず、2合はいける。

腹が減るなら「きつね蕎麦」はどうだろう。
出汁が実に見事だ。江戸の濃い味とは違って透き通った汁に蕎麦が鎮座する。
そして大きな厚い御揚げ。揚げだけ酒の摘みに取り出してもいいかな。

揚げを肴に、もう1合。

さて、本日どうしても紹介したかったのが、神楽坂5丁目に新装開店した「はなれ」である。
九頭龍蕎麦の別店がオープンしたわけだ。

社長の原崎氏が絶賛する癒しの内装だそうだ。
と、書きながら「はなれ」にはまだお邪魔していない。

是非、今度その味わいを披露したいと思っている。

新宿区神楽坂5-1-2 神楽坂TNビルB1 電話03-6228-1937


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)