>自動翻訳機能について

寿?心 無濾過純米 五百万石 生酒(大貫家-2)

 

一中時代から文学少年で、晶川と号して雑誌や新聞に投稿。
さらに島崎藤村に熱を上げ、藤村の家に通ったそうです。
又、妹を大変可愛がり、その妹も兄の感化を受け、大貫野薔薇という
ペンネームで投稿していました。

その妹は、歌人から小説家になろうとした時、自分よりはるかに
若い新進作家の川端康成に感動し、小説の師となるよう頼んだそうです。

妹の名はかの子、夫は一平である。
一平は礼を尽くして川端にかの子を委ねました。
川端は一平からの厚遇を得たことから、その恩を生涯忘れず、
愛児太郎の面倒を見続けたそうです。

岡本かの子の文学碑が地元に建つことになった際、建設委員の代表者が
川端康成氏でした。

愛児太郎こと岡本太郎氏は語っています。
「一応親子となっていますが、家ではそれぞれが個々に人格を認めあった芸術家
 どうしだから、互いに干渉しない。一平は常識的だけど、かの子は全ての点で
 はみ出していた、好きなのはかの子でしたよ」

明治34年創業 
愛媛県 首藤酒造㈱寿?心(すきこころ) 無濾過米 五百万石 生酒
精米歩合50 アルコール分16%以上16.9%以下
720m? 1,375円(税別)

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)