>自動翻訳機能について

来福 純米吟醸 雄町生原酒(岡倉天心-2)

 

岡倉天心氏といえば、酒豪の代名詞。
昼間から茶碗酒で飲むかなりの酒豪でした。
美術学校時代も、その生徒たちは天心にかなり酒を鍛えられたそうです。

その中で、筆頭は横山 大観氏でしょう。
五浦時代は、魚の安い地にいて、その魚すら買うことができなかった。
海に出て魚を釣ってましたが、餓死寸前まで経験したと、話しが残っています。

大観氏は5時には画を描くのを止め、梅干しや漬物で酒を始めます。
好物は、キンピラ、おひたし、古漬、からすみ、と粗食であったそうです。

樽で買って、喉を湿らすと言ってはよく栓をあけ、天心仕込みの、飲みっぷりは大変なものでした。

毎晩約2時間かけて飲み、8時には寝てしまうという、一日でした。
ウイスキーは飲んでも、ビールは飲まなかったそうです。

東自慢→黒松白鹿→賀茂鶴→酔心、これが大観氏の酒遍歴でした。
大観氏と酔心は有名ですね。

さてここでお知らせ。
茨城県酒造組合が主催する、「茨城地酒まつりイン花やしき2012」が、
浅草花やしきにて、10月12日(金)18:30~20:30開催されます。
酒の肴として、あんこうどぶ汁・笠間のいなり寿司・常陸秋そば・筑波ハム。
オリジナルぐいのみ・お土産茨城の酒(300m?)も参加特典としてあります。
前売り券4,000円(700名限定)
月の井酒造・府中誉・武勇・来福酒造、他28銘柄が参加です。
詳細は「茨城地酒まつりイン花やしき2012」で検索。

茨城県 来福酒造  来福 純米吟醸 雄町生原酒
岡山県産雄町100%使用 アルコール分17度 精米歩合 50%
720m? 1,500円


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)