>自動翻訳機能について

八丁堀駅「青森県特産品センター」

 

さて、何で飯田橋の「青森北彩館」に出かけたか。
お酒の紹介も、もちろんあるのですが、もうひとつ重要な目的がありました。

JRお茶の水駅聖橋口出口を左折。
橋を渡り、下に流れる神田川。
おや!近代教育の発祥地「昌平坂学問所」のあと、東京医科歯科大学です。
懐かしいですね、学び舎の佇まいは何時でも心地よいです。

あ!当然ですが卒業生ではありません。

まっすぐ進み信号ひとつ過ぎると、ゆっくり下り坂。
清水坂下の交差点。
渡ってすぐ左「ラーメン大至」の看板。
11時~15時・17時~21時(日曜休み)、チャーシューワンタンラーメン890円がお薦めですが。
ラーメン650円(チャーシュ2枚)・トッピングワンタン2コ150円。
合計800円で約10%の消エネに成功です。(何のコッチャ?)

以前にも、ご紹介したことがあったか?
谷中の「光江」と同じ、昔ながらのラーメンです。
「光江」は、ご主人も高齢ですので、大変気になります。
「光江」にはギャル曽根のサインもあるよ。

今、この鳥ガラスープの昔ながらのラーメンがなかなか食べられません。
イトーヨーカドーの1F、フードコーナーの醤油ラーメン360円が旨いんです。
そんな、懐かしいラーメンのデラックス版です。
650円はちと高いですが、自分へのご褒美(情けない!)と思って、大奮発です。

お酒に5,000円出費するのは、何とも思わないんですが、他の出費には慎重にも慎重を重ね、結局購入せず!なんてザラです。

この暑いのに、つけ麺ではなく熱いラーメンを汗だくで食べ、スープも飲む!
血糖値の上昇!動脈エコー検査も拒否して、これぞ男の醍醐味。
男は常に死と隣あわせです。(馬鹿な奴!)

さて場面は変わりまして、八丁堀駅(日比谷線・JR京葉線)A3出口。
右折して入船1丁目の信号を右に折れます。
見えてきました。
「青森の店」前回に続き青森の物産館です。飯田橋と同じ運営は第三セクターです。

経営上は繋がりがありません。しかし、飯田橋の「青森北彩館」と見比べるのが大きな目的でもありました。
いや~飯田橋と違って狭い。可哀想です。お酒も「豊盃」「八甲田」しかなく。残念!
両店共通の人気1位商品「希望の雫」青森県産りんご100% 350円購入です。

そして、店外に出ると正面に見えるのが「九州文化邑」です。
焼酎を豊富に揃えてます、沖縄の泡盛も!
お休みが日曜・祝日です。焼酎ファンはぜひどうぞ。

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)