>自動翻訳機能について

山形県中沖酒造「羽陽一献(うよういっこん)」涼風 純米吟醸

 

東を吾妻山、西を朝日連峰、南を飯豊連峰にかこまれ、最上川の水に育まれた置賜地方の川西町で、中沖酒造店は、大正十二年(1923年)に創業しました。

300石という決して大きくない蔵ですが、地元の人々に愛される酒を造ることを目標とし、今日まで至っています。

一献酌み交わす、一献差し上げる。酒を楽しくまた、和やかに飲んでいただく。

酒銘を「羽陽一献」(うよういっこん)としたのは、ここに由来があります。

「涼風」は、本来夏に飲むお酒。

身体が疲れ気味な夏に、心と体をリフレッシュしてもらいたい思いで出荷しています。

味わいの優しさの中に、スッキリとした感覚が滲み出ています。

第一、酒瓶の絵がいいですね。

金魚の絵に風鈴。

今の時期は、少々寒いかもしれませんが、心を温めてくれる、そんな酒です。

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)